克雪体制づくりアドバイザー派遣制度を創設

~地域における除排雪体制づくりの実践者を派遣します!~

国土交通省は、共助除排雪活動や除雪作業の安全対策に関して、課題を抱える活動団体及び豪雪地帯に指定された道府県・市町村に対し、専門的な知識や豊富な経験を有する者を派遣する「克雪体制づくりアドバイザー派遣制度」を創設しました。


背景

豪雪地帯においては、人口減少や高齢化が全国平均を上回るペースで進んでいることで、雪処理の担い手が不足し、高齢者を中心とした除雪作業中の事故が後を絶たない現状を踏まえ、共助による除排雪体制や除雪作業の安全対策を徹底する体制の整備(克雪体制づくり)を促進しています。
体制整備にあたり、地域が抱えている課題に対してアドバイザーが助言等を行うことにより、さらなる整備促進を図ります。

目的

除排雪体制の整備及び除排雪に関する安全対策の専門的な知識や豊かな経験を有する方々を「克雪体制づくりアドバイザー(以下「アドバイザー」)という。」として、克雪体制づくりの課題に直面している豪雪地帯の道府県・市町村や各種団体等(以下「支援対象」という。)に対して派遣し、適切な助言等を行うことにより、豪雪地帯における共助除排雪体制の整備促進及び除排雪に関する安全対策の強化を図ることを目的としています。
 ここでいう「克雪体制づくり」とは、地域ぐるみで行う除雪作業や除雪ボランティア受入などの共助による除排雪体制及び除排雪作業の安全に資する取組を行う体制を構築する活動のこと。

支援対象

支援対象は次の条件のいずれかを満たす必要があります。

  1. 豪雪地帯に指定されている道府県・市町村
  2. 豪雪地帯に指定されている道府県・市町村において克雪体制づくりを実施・支援する各種団体(NPO法人、社会福祉協議会、地域住民組織等)
 

アドバイザー

アドバイザーは、『克雪体制づくりの実践者や専門的な知識・経験を有する者』もしくは『国土交通省の「雪処理の担い手の確保・育成のための克雪体制支援調査」において実施した事業に参画した経験を有する者』の中から、本制度の趣旨等を総合的に勘案して適当と認められる方々を、豪雪地帯対策に精通する有識者で構成される「雪国の未来を考える懇談会」(以下「懇談会」という。)における審議を経て、国土交通省国土政策局地方振興課長が委嘱しています。



➡ 克雪体制づくりアドバイザーの個人プロフィールは こちら をご覧ください。

アドバイザー派遣の流れ

  1. 支援対象は、以下に示す運営事務局に電話及びメールで克雪体制づくりに関する各種相談(本制度の申し込みを含む)を行ってください。

  2. 運営事務局において、相談を受けてアドバイザーの派遣効果が期待できる内容と認められるときは、懇談会の委員、アドバイザー及び国土交通省に対して対応方針等を協議し、派遣の可否等の協議結果を支援対象に連絡します。

  3. 派遣可能と連絡を受けた支援対象は、「克雪体制づくりアドバイザー申請書」(以下、「申請書」という。)を運営事務局に提出します。

  4. 運営事務局は、「申請書」の提出を受けた後、関係者と派遣に向けた調整を行います。

  5. また、アドバイザー派遣の効果を調査するため、必要に応じて、懇談会の委員を現地に派遣します。

  6. 支援対象は、アドバイザーの派遣終了後、「克雪体制づくりアドバイザー活用結果報告書」を運営事務局に提出します。

 


様式

「克雪体制づくりアドバイザー派遣制度」実施要領(pdf)
「克雪体制づくりアドバイザー派遣制度」様式3:申請書(Word)
「克雪体制づくりアドバイザー派遣制度」様式4:活用結果報告書(Word)

運営事務局

株式会社 日本能率協会総合研究所 社会政策研究部 公共政策研究チーム  担当:塩見(しおみ)
〒105-0011 東京都港区芝公園3-1-22
電話 :03-3578-7526
e-mail:isao_shiomi@jmar.co.jp